「ひざサポートコラーゲン」は2袋で1袋分の価格。普段はボロ儲け?

ひざサポートコラーゲン!激アツブログ

ひざサポートコラーゲン!激アツブログmainイメージ

ひざサポートコラーゲンを半額にできるなら最初からそうすべきだという意見に「利益と顧客還元の仕組み」を使って回答します。

「ひざサポートコラーゲン」は2袋で1袋分の価格。普段はボロ儲け?

ひざサポートコラーゲンのように人気がある商品は、最初からボロ儲けして利ザヤを稼いでいるのでしょうか。

そのようなことはあり得ません。

考えてみましょう。

■利益をお客様に還元するという意味の割引。

莫大な研究開発費用を投じて商品を販売しても、その商品が開発費用と同じだけしか売れなければ利益はゼロになります。

その逆で、ひざサポートコラーゲンのように人気が出て爆発的に売れると、利益も莫大になります。

企業はこの利益をどう使うかを考えるわけです。

全部を売上利益として税務署に課税分の税金を納めるのも1つですが、それでは次の発展が望めません。

そこで企業は、儲けた利益分のいくらかを顧客還元にして、お客様に安く提供しようと考えます。

これがひざサポートコラーゲンの30%OFFや2袋で1袋分の価格です。

■利益が出て初めて3割引き・半額にできる。

このように企業は、最初から安くつくった商品を高く売っているわけではなく、売れて利益がたくさん出たから安くして還元しているのです。

販売戦略の1つです。

そうすれば新しい顧客が獲得できるので、また儲かって価格還元できるという、いい循環になります。

これが理想的な企業の成長軸です。

ひざサポートコラーゲンは、そうした意味で好例と言えるかも知れません。

企業である限り消費者から支持を得て、つねに成長しつづける責任があります。

■ひざサポートコラーゲンは、最初から安くできたわけではありません。

“お客様の支持を得てたくさん買っていただいたおかげ”です。

ひざサポートコラーゲンが爆発的に売れて、利益は出てボロ儲けに近い状態のときもあったでしょうが、それを独り占めせず、利益をお客様のために還元したことが、新たなひざサポートコラーゲンのファンづくりにもつながっています。

現在の半額にはそのような気持ちと意図があります。

Copyright (C) ひざサポートコラーゲン!激アツブログ(www.clicksnconversions.com) All Rights Reserved.