「ひざサポートコラーゲン」のお客様満足度とは?

ひざサポートコラーゲン!激アツブログ

ひざサポートコラーゲン!激アツブログmainイメージ

ひざサポートコラーゲンなどの商品広告にある顧客満足度の高い数値は、ホントか、デタラメか。その真偽や消費者の受け止め方について考えてみます。

「ひざサポートコラーゲン」のお客様満足度とは?

ひざサポートコラーゲンのような人気商品になると、「顧客満足度が高いからそうなる」とも言えます。

しかし「数字はどうにでもできる」というのも事実。

受け取り方を考えてみます。

■自社調べか第三者機関の調べかで分ける。

ひざサポートコラーゲンをはじめとする多くの通販商品には、顧客満足度を示す数字やグラフの近辺に必ず但し書きがあります。

顧客満足度NO1、あるいは96%などという数字の但し書きは、ほとんど「自社調べ」になっています。

身内が調べた身内に都合のいい数値といっても過言ではありません。

このような数字は最初から参考にしないことです。

ただし中には第三者機関の研究所を使った調査結果もあります。

そうしたものは一応信ぴょう性があると判断していいでしょう。

■利用者から対応しきれないほどの感謝状。

顧客満足度などは、利用者から感謝の手紙が送られてきたり、改善の報告も兼ねてお礼の電話が入ってきたりします。

そうしたものの集計結果です。

ひざサポートコラーゲンのように、販売個数の多い商品ほどお礼の数も増えますので、実際にそれだけに対応するだけでも大変です。

ある通販会社ではこうしたユーザーに対し、すべて手書きで返信を行なっています。

通販主体の会社にとっては顧客満足度だけがバロメーターですから、顧客満足度が高いのは事実だと思います。

しかしパーセンテージの算出法を細かく明かしていない以上、数値は事実とは言えません。

■ネットの時代、“究極は自己責任”です。

信じることより“信じない見方”が大事。

できる限り裏取りをして、根拠を明らかにしましょう。

顧客満足度の数字がデタラメかどうかはメーカーによります。

あらゆるデータがそうです。

ひざサポートコラーゲンも、最終的には利用者がメーカーを信じるしかありません。

いわゆる自己責任です。

信じることも大事ですが、信じないことも大事。

ほどほどの見方を身につけましょう。

Copyright (C) ひざサポートコラーゲン!激アツブログ(www.clicksnconversions.com) All Rights Reserved.